ブログトップ | ログイン

マドレーヌの日誌~depuis1999~

madedairy.exblog.jp

カテゴリ:日誌/お知らせ( 295 )

良いお年を!

e0254894_15252155.jpeg
2017年もあっという間に過ぎました。その都度やるべき仕事に真剣に向かった一年でした。来年も楽しく仕事ができるように、あまり欲張らず、軸を忘れず、ほどほどに頑張ります。来年もどうぞよろしくお願いいたします。
e0254894_15254244.jpeg
26日の朝早く、高幡不動尊でお護摩を受けて来ました。そして、Instagramにも書きましたが、パティスリードウシェフフジウに行き、藤生シェフに拙著「本当においしい生地作り」をお渡しすることができました。

エミリーフローゲ本店でアルバイトをしてから32年経ち私は今度のお正月で50歳になります。

パティシエの道を諦めたり戻ったり、環境や仕事場に恵まれなくて挫折したり、悲しんだり苦しんだりしたことが、今となっては本当に良かったと思っています。

皆んなと同じ事をして同じような勉強していたら、私のようなへんてこりんなお菓子屋さんは生まれなかったと今はそう思えて、この頃は"人生に無駄なし!"とキッパリ言い切ることが出来るようになりました。

チーフにお会いするとピリッとして緊張します。

これからも恥ずかしくない仕事をしようと気持ちを新たにしました。

1月の教室追加募集は年明けにいたします。
サイトの手入れをしようと思っていますがなかなか進みません。

年末年始はメール等返信お休みいたします。
玉川上水のぷりん屋は13日土曜日国立市の黄色い鳥器店さんでの出張ぷりん屋から景気良くスタートです!
ぷりん屋実店舗は20日土曜日からです。
その他の仕事はぼちぼちと5日頃から始めます。
皆様良いお年を!

e0254894_15271708.jpeg










by made-sato | 2017-12-29 20:12 | 日誌/お知らせ

植田絢子先生とおうちにアップルパイがある幸せ

e0254894_08552194.jpeg
12月の教室お申込みありがとうございました。ショートケーキのワークショップはまだお席あります。ごくごく少人数でやりますのでお気軽に。

11月7日、私にヨーロッパの伝統菓子や家庭菓子を教えて下さった恩師の植田絢子先生のご自宅に行ってきました。今回も拙著「本当においしい生地作り」をお渡しすることが出来ました。

先生は86歳になられてなおお元気です。
森山サチコさんと同期の東京製菓ご出身で、私が知る中でももっとも美味しくて知られていないようなお菓子を作って教えて下さる先生でした。

ご主人様が新潮社にお勤めだったせいなのか、本は出さないというご方針で(新潮社はお菓子の本とか確か出していない)以前食い下がってお尋ねしたこともありましたが、それはずっと曲げずにおられました。

先生との出会いは昔ブログに書いたこともあったけれど、店で働いていてお菓子の仕事が嫌いになり、スランプでいた時に、窓の中を爪先立ちで覗いても見えないくらい小さな時から憧れていた植田絢子洋菓子教室の事を思い出して、案内をもらいに寄ったことでした。

当時、店の定休日が木曜日だったので木曜日の研究科に入れてもらい、月に一度通いました。

植田先生のレッスンは、どんなに一流シェフの講習会を受けても響かなかった私の心に忘れかけた何かを与えてくれました。魂が震える感じでした。

高校生の頃、当時エミリーフローゲの藤生義治シェフの
お菓子を食べた時にも魂が震えましたが、たぶんその2つが私のターニングポイントで、それがなかったら今の自分はなかったのでは無いかと思うほどです。

ターニングポイントと言えばお茶の先生との出会いもそうなんですが、実は植田先生のお庭は純和風の苔むした茶室のような作りで、それが先生のお好みと知った時は不思議な気持ちでした。

お茶の先生とお菓子の先生に共通点があったことに人生のメッセージのようなものを勝手に感じました。

人生にはあらかじめ「ここで登場して下さい」とお願いした人物がいると言うのは本当なのかもしれないです。

私はパティシエになるにはずいぶん遠回りで、エミリーフローゲ本店でアルバイトしたものの就職ならず、財団法人に就職して退職して製菓学校行って店で働いてあらゆる講習会を受けて必死でした。嫌な目にも沢山遭いました。恵まれていないなと感じていました。

疲れてスランプになった時に植田先生に出会い、そもそも家庭菓子が好きだった自分に戻って力が抜けて今に至っています(すぐに良くなったわけではなく、独立してからもしばらくの間は氷河期のような時期が長く続きました)。

お菓子教室はお茶のお稽古でお茶事を経験していたから出来たと思うし、本筋と違うかな?と思うことも実は本筋のためのものだったりして、人生って面白いなと思います。

出会う人は皆んな神様と言う言葉があります。

振り返ると、給食が美味しいで有名な立川第一小学校だったことも自分の味覚に影響を与えているだろうし、だとしたら給食のおばちゃんたちは神様です。

なんでもよく作る母と祖母がいて、その母のためにオーブンをプレゼントした父がいて、食べてくれる家族や褒めたり、アドバイスをくれるご近所さんがいて、それで今の自分は出来てきたんだと思うと感謝の気持ちが脳内でスパークして、なんとも言えない気持ちになりました。

感謝でありがたくてありがたくて、今度はそれを自分がする側にならなくては!と前よりも思うようになりました。

それで、また教室を新たな気持ちで再開しようと思いました。

来年のお正月で50歳になる今、そのことに気がつけてよかったなと思います。
e0254894_08545847.jpeg
先日アップルパイを久しぶりに焼きました。以前教室でやるはずが、バター不足の煽りを受けて休講したメニューです。
e0254894_08534729.jpeg
炉開きの日で、お茶仲間に焼き立てをおすそ分けしました。妹弟子さんの一番下の娘さん(7歳ぐらい)が会うといつも素っ気ないのに実は私のことを「ぷりん屋さん」と呼んで絵まで描いてくれていることがわかって、嬉しくなってアップルパイ食べてもらいたくなりました。

手作りのお菓子、それもお金で買うことができないお菓子、誰かのためだけに作ったお菓子には心に化学反応を起こす何かがあります。これは、私が経験して育ったので言い切れます。

焼いて冷ます間、アップルパイがお家にある幸せってあるなとふと思いました。

その時のアップルパイは甘くて美味しくてときめくものでなくてはいけません。

美味しいと言うのは理屈抜きだからです。

「この世でうちの手作りお菓子が世界一!」と子供に思ってもらわなくてはいけません(たとえそのケーキが失敗でも子供はそう思ってくれます。)

1人でも多くのお子さんがそれを感じられるといいなと思います。

砂糖が良くないと言われていますが、砂糖は取りすぎなければ身体を緩め、ストレスを緩和してくれます。それと、大人と子供では代謝も違います。

砂糖が良くないのではなくて摂り方です。

甘いだけなら砂糖を舐めれば良いのに何故人は昔からどの国の人もお菓子を作ってきたのか...私はよくそれを考えます。

無くてもいいような事が実はとても大切というのに似ているような気がします。

毎日リッチなお菓子を食べる必要はありません。ごくごくたまにでいいんです。

物を作るということは、大切にすることにもつながります。手芸でも自分で作った作品は人から見るとボロ切れのように思えても変え難いのと同じです。食べ物にもそれがあります。

今回の本にはそんなような言葉にし難い自分の思いを込めています。それが伝わるといいなと思ったら、Amazonのレビューで心に関して書いてくださった方がいて、感動してウルウルしてしまいました(相変わらずドライアイなのでとても沁みました)。

ちょっとお節介で支離滅裂なブログになりましたね。
もうしわけありません。

e0254894_11334118.jpeg
平和なぷりんちゃん


















by made-sato | 2017-11-21 11:00 | 日誌/お知らせ

おめでたい事色々

10月8日、本当においしい生地作りの重版が決まりました!ありがとうございます😊

e0254894_23323384.jpeg
出版前に観てもらった占いで「1ヶ月ぐらいで重版になると思います」と言われて‼️と思いながらも1ヶ月は早すぎるので無いのではないか?と思っていました😳占い当たりました!

版が重なる事は本当に嬉しいです。ありがとうございます😊今後ともよろしくお願いします!

本のちょっとした解説などはInstagramのほうで画像に添えて書いています。よかったら見てください。
#本当においしい生地作り で検索できます。

e0254894_22230122.jpg
先日、お祝いのお菓子の仕事をしました。新婦さんは教室に長く来てくれていた生徒さんでしたので、アシスタントさん達とみんなでワイワイ作りました。

新婦を除き全員結婚20年以上のベテランの域に入った主婦です。そんな私たちが新しい家庭のために祈りを込めてお祝いのお菓子を作るなんて、ヨーロッパの田舎の古い習慣みたいではありませんか?
e0254894_22231923.jpg
当日は良いお式になったそうで、役割も果たせてホッとしました。

結婚は誠実で地味な努力の積み重ね。お菓子作りみたいですね。末永くお幸せに🎉
e0254894_23541813.jpeg
そして、ひょんなことから22年前に弟夫婦のために本を見て作ったウェディングケーキの写真も見つかりました。お祝い仕事でこの写真のことを思い出したばかりで、でも行方不明だったので、厨房の掃除で偶然免許証の額縁から出てきたときは驚きました。

この当時はまだデジカメが出たばかりだったかまだなかったかです。パソコンだってパソコン通信の時代です。ピーヒョロロロロロという音を思い出します。

時の経つのは早いです。

そんなことをつらつら考えていたら、偶然恩師の娘さんに15年ぶりに会いました😳これまたビックリ!今度本を持ってご挨拶に伺えることになりました。

e0254894_15191622.jpeg
仕事では、ベーシックな製品をまた作りはじめています。勉強したいことも出て来ました。
e0254894_15210471.jpeg
10月は遠足や運動会や各所でイベントが盛況ですが、長雨続きのせいで静かでしたね。
e0254894_00263597.jpeg
ストーブの半径1メートル以内にいることが増えたぷーちゃんです。



















by made-sato | 2017-10-22 17:12 | 日誌/お知らせ

8月29日発売「本当においしい生地作り」について

e0254894_14151869.jpg
8月29日(火)マイナビ出版より「本当においしい生地作り」が発売されます。Amazon、楽天、その他でも予約が始まりました。

その本について少し宣伝いたします。
(発売前のため、チラ見せがぼかしになっています。すみません。)
e0254894_15405356.jpg

今回の本は、マドレーヌお菓子教室のレシピから、本のための新しいお菓子まで、基本的な生地作りをまとめた一冊です。

私のセンスオブワンダーが刺激された子供の頃の台所を思い出し、親子で(つまり、小さいお子さんにも難しくないという事です)お菓子作りが楽しめるような、それでいて、美味しくて、作り終えたら腕が上達するような、そんな夢のような本が作りたいと思いました。

子どもの頃の感性は独特のものがあります。

さらさらの粉や砂糖、卵、バターであらゆるお菓子、パン、和菓子、食べ物ができる不思議さに目を見張り、ワクワクしてとても楽しい気持ちになったり、味が頭に浮かんで来て食べたい気持ちが昂まったりという経験ができるお子さんが1人でも増えてくれたら嬉しい...

そう思いながら、教室のレシピを一から見直し、分量を今の家庭向きに変え、材料も手に入りやすいものにし、作り直しました。

もちろん、お菓子作りが好きな方であればどんな方にも楽しんでいただけます。

お酒はあまり使わず、香料もほとんど使わず、ベーキングパウダーなどもあまり使っていません。これは、使わないとことが良いと言っているのではなくて、今回の仕事の具体的なイメージを"3人の姪っ子とちゃんたちに残せる本"とした結果、そうなりました。
e0254894_15413391.jpg
オーブンのことも書きました。長い事教室やっているために業務用オーブンをあきらめて、家庭用オーブン6台で仕事を続けてきた結果の、賜り物の豆知識ご披露です。

お家のオーブンがどのようなものでも美味しく作れるようなヒントを載せています。具体策も載っています。
e0254894_14180277.jpg
基本のところのプロセスカットはとても細かくやりました。プロセスで作っているものが大きな写真の完成品になっている場合も多く、それほどちゃちゃっと作れます。
e0254894_14143150.jpg
残った材料を使うための簡単なお菓子も載せました。

最初から最後まで全力投球で、気がついたらレシピでギッシギシになり、合羽橋の道具街のことなど、お菓子周りのことを当初ゆるく載せたかったのに全部割愛となりました。

レシピ数も54。

5日間の撮影でプロセス含め撮り終えたのですから、本書のお菓子はさほど難しくなく、家にあるもの、スーパーで買える程度のもので作れます。

カルディといなげやとイトーヨーカ堂と時々富澤商店という感じです。それを回ると材料から道具まで揃います。

難しいこと抜きで、ザックリ、ラフに作っていますので、生徒さんは「これでいいんですか?」と読んでびっくりするかもしれませんが、それぐらい気を抜いて出来る感じを目指しました。

ただ、カメラマンさんとスタイリストさんのお仕事が素晴らしくて、洋書のように仕上がっています。

眺めているだけでも幸せです💕

あと、スタイリストさんのおかげだと思うのですが、鹿児島睦さんのお皿がたくさん登場します。ひとつだけ、不採用の鹿児島さんのお皿の写真(正しくはバターケーキの写真)は先日宣伝に使いました。コンプリートしたかったけれど、本のテーマ、生地感を重視したデザイナーさんのセレクトです。できてみると確かにその通りだなと、メインはお菓子だとわかります。

(個人的に使いかたが難しいなと思っていた鹿児島さんの素敵なお皿が、完璧にお菓子を引き立てるように使われていて、スタイリストさんもカメラマンさんもすごいと思いました。とくに、ふんわりショコラの写真はその晩夢に出たほどです。)

e0254894_12091361.jpg

前2作のときもそう心がけましたが、今回も、読み物としてしっかり読み応えがあるレシピ本である事をとても意識しました。

私の言葉で、なるべく伝わるといいなと思いながら最後まで校正し、直したらその通りに作って確認しました。
e0254894_14151869.jpg
どうか、皆様のお役にたちますように。

どうぞよろしくお願いします✨

e0254894_14151869.jpg
「本当においしい生地作り」
著者 佐藤弘子
デザイン 高市美佳
撮影 福尾美雪
スタイリスト 佐々木カナコ
編集 脇洋子(マイナビ出版)
2017年8月29日発売
*本に関するご質問等はマイナビ出版までお願いします。












by made-sato | 2017-08-23 19:27 | 日誌/お知らせ

お盆休み2017/見本誌届きました!

e0254894_09315795.jpg
先週のぷりん屋の後、片付けと掃除と準備をして、東北道を飛ばしてMさんの実家、秋田に帰省してきました。
ぷーも一緒です。
e0254894_09330687.jpg
万が一に備えてケージにぷーを入れて、みゃーみゃーたくさん鳴くときはオシッコタイムなのでパーキングでトイレをさせるとちゃんとするといった具合です。

昔は鳴き通しでしたが、今はあまり鳴きません。

夏場はパーキングに置きっ放しにできないので、パーキングでの食事は交替交替にしたり、買って車内で食べたりします。

下りの国見パーキングでしか買えない福島名物、凍天もバッチリ食べました。

e0254894_09484206.jpg
秋田滞在中はずっと晴れでした。田舎道の空は高くて広くて澄んでおり、雲も大きくて真っ白で気持ちが良かったです。田んぼの道をこまこまと義父の指示で走ってお墓まいりもしてきました。
e0254894_09323945.jpg
帰りに親戚の家に寄り、ダックスのマーブルちゃんと田舎道をお散歩してきました。

今回の一番の目的は、高齢の両親の相談相手になってくれる近くのケアマネジャーさんをみつけることで、半年前からゆっくり進めて来たのですんなりと運び、少しホッとしています。
e0254894_09333281.jpg
帰って来た次の日は大宮氷川神社にお参りに行きました。

マドレーヌの屋号を取る前から縁があってここには数年に一度お詣りにきています。

特に、江原さんで有名になった摂社の宗像神社は私も縁があり、頭の中にふっと大宮氷川神社が浮かんだときにはなるべく行くようにしています。

前の夜に日本の神様カードを引くと連続して宗像三女神カードがでるので「おいで〜」と言われている気がします。
e0254894_09334683.jpg
以前、前日雨で、予報も雨の日に大宮氷川神社に行くかどうか悩んだときも、このカードが3回連続で出て、最後に天照大神のカードが出たので雨の中出かけたら、途中で雨が止んで、鳥居をくぐった所でお日様が出ました。

偶然かも知れないけれど、カードの通りだったので鳥肌たちました。

縁がある人には優しく感じられる神社です。
e0254894_11490324.jpg
大宮氷川神社がここに鎮座した由縁の蛇の池も行って来ました。
e0254894_09341673.jpg
お詣り後は大宮の市場内にあるキッチンニューほしのに行きました。
e0254894_09343616.jpg
他の日は、立川の私の実家に行ったり、家のことをやったりと、普段と違うことをたくさんしました。

「この世界の片隅に」もやっと観賞しました。
すずちゃんと同化してしまうほど集中し、笑ったり泣いたりしました。

楽しい休みは日頃頑張って働くから楽しさ倍増なんでしょうね。またがんばります。
e0254894_17211237.jpg
見本誌も届きました✨

この本はショートケーキにお酒を使わないようにしたり、香料もほとんど使わないようにしたりしています。分量もとても少なくしました。

何年か前に名前の表記を佐藤弘子に戻したので、今回は佐藤弘子になってます。下が3文字が昔から憧れで(あと美が付いた名前)ひろ子で仕事をスタートしたのですが、今はそういう気持ちはありません。

この本が、楽しいお菓子作りのお役に立ち、幸せな気持ちが広がることを願ってやみません。

発売まであと少しです。
どうぞよろしくお願いします!

e0254894_09345816.jpg
「さて、次はどこにいきますか?」










by made-sato | 2017-08-19 17:30 | 日誌/お知らせ

無事校了しました

前回のブログを見てくれたSさんが
少し大きくなった仁奈ちゃんの写真を送ってくれました。
もうすでに美人さんですね〜

Sさんは、フランスでお菓子の仕事をしながら子育て奮闘されています。

いろんな人たちに子育て助けてもらいながら、楽しく過ごして欲しいです。
写真ありがとうございました。
e0254894_12080641.jpg
本、おかげさまで無事校了しました。

当初予定ではコラムとか合羽橋のこととか、息抜きになるようなことも載せましょうと話をしていたのですが、結果的に全部、お菓子のレシピになってしまいました。

最後の最後までなかなか大変だったので
前2作の大変さも、自分が招いたものだと今頃気が付きました。

今回、おいしい生地の本です。
とてもシンプルでざっくりで作りやすくなっていると思います。

ほぼすべて一からやり直しました。

3人いる姪っ子ちゃんたちが読んでも作れるようなものができれば
より多くの人たちが読んで作れる本になるのではないかなと思いました。

ぷりん屋があったため、今回教室をお休みしてこの仕事にかからせてもらいました。
皆さんありがとうございました。
e0254894_12082147.jpg
amazonで予約が始まっていますので
どうぞよろしくお願いいたします。
e0254894_12083973.jpg
撮影は5月末と6月初めに行いました。
デザイナーは高市美佳さん、撮影は福尾美雪さん、スタイリストは佐々木カナコさんです。狭い厨房が一番自然光が入るので、この隅で私が作ったり仕上げたりしながら撮影をしました。いろいろと勉強になるし、とても楽しかったです。
e0254894_12085034.jpg
お菓子はプロの手によってみるみるよそ行きの顔になりました。

ざっくり、ラフで、誰でもできそうな洋菓子の本になるはずで、お菓子もそんなに難しすぎるものは無いはずなんですが、写るお菓子がすべて難易度高そうに見えるんです。

早く見てもらいたいな〜と思います。
e0254894_12090238.jpg
カメラマンの福尾さんと手前が黒木華ちゃんな編集の脇さん(マイナビ出版)。

※昨年の重版出来というドラマをみて「教室の本まとめておけばよかったな〜。黒木華ちゃんのような編集者さんと仕事してみたかったな〜」と話した1週間後に来たのが今回のお話で、会ってびっくり脇さんは黒木華ちゃんのような人でした。
e0254894_12091361.jpg
今回、鹿児島睦さんの器が多く登場します。きっとスタイリストさんの力です。
私の持っているのも1枚参加します。
写真の黄色のだけ、採用されなかったので本に載りません。
私、気に入っていたので残念だ残念だと言ったら宣伝に使っていいと言われました。
e0254894_12093405.jpg
撮影の時はご近所さんに駐車場お借りしたり、Mさんにもぷりんちゃんにも協力してもらったりしました。ありがとうございました。

本になるまであと少しお待ちください。
8月29日発売予定です。




by made-sato | 2017-08-09 13:44 | 日誌/お知らせ

暑中お見舞い申し上げます

e0254894_18424763.jpg
暑中お見舞い申し上げます。

毎日暑いですね。
スコールは熱帯雨林地方並みですし
ヒョウも降ったとか。
昔の人は自然災害を神の怒りと解釈したのわかる気がします。だって、なすすべがないというか、本当に恐ろしいです。
e0254894_18431234.jpg
ぷーは夏はこんな感じ。

どうやら冷房は苦手で
この表現は「夏を味わっている」状態だと最近理解しました。風の通り道にいるらしいです。
e0254894_18435788.jpg
さて、拙著、ほんとうにおいしい生地でつくるドーナツレシピ77が8刷りされ、さらに9刷りが決まりました。
お礼申し上げます。

7月は週の前半はルーチンと近く出る本の原稿書きとか確認とかもろもろやっています。

写真と文が合わさって、本のイメージがわかるようになりました。

私の確認は、作り直して再確認するので、時間が必要です。

最後までがんばります。
e0254894_18443153.jpg
このところ頻繁に都会に出ていました。
研修や、合羽橋にも行きました。
(画像は新宿伊勢丹虎屋菓寮の宇治金時白玉練乳小です。)

道具屋のおじさんが、この先は10年やれるか分からないと寂しいことを言っていました。

確かに閉めたお店も多く、変わって来ています。

それが、悪いとは言えなくて
昔からそういうことの繰り返しなのだとは思います。
少しでも長く続けて欲しいなと思いました。

e0254894_18455525.jpg
先日は、ぷりん屋へ、教室に来てくれていたSさんが昨年産まれたお子さんと一緒に来てくれました。本当に元気で可愛いお子さんでした☺️

フランスで結婚したSSさんは女の子ちゃんを出産されて、こちらは写真を送ってくれました。

撮影のどさくさでブログにアップし忘れてしまったけれど、もうあっという間にお顔変わったんじゃないかと思っています。

(私信:フランスのSさんお元気ですか〜⁉︎その節は励ましてくれてありがとう!パソコンすっかり遠のいて、これもスマホで書いています。)

7月と8月は暑さもピーク。
ただでさえ身体が言うことをききませんので
無理しないで済む時は無理せずに
自分を労って乗り切りましょう!

ではでは。



by made-sato | 2017-07-19 22:44 | 日誌/お知らせ

健康管理は大切

e0254894_07571519.jpg
昨日はルーチンの仕事をしたあと歯医者に行きました。
まだ行っているのか?という感じですが
評判良く丁寧なので予約が取り辛く
そのぶんゆっくりペースとなっております。

その帰り、保険で長年お世話になっている方と会いました。

保険の更新で新しいほうに切り替えることにしたら私の右目の病気(ごくごく初期の眼圧正常緑内障)が理由で条件付になったため、その説明を受けたんです。

早期発見で点眼をしていれば大丈夫な病気ですが
こういうことってあるんだなと
持病があるって大変だなと思いました。

緑内障は治る事はないので
早期発見が大切です。
私も、先生が見つけてくれなければ分からないほど
何にも自覚症状ないです。

撮影に入るまでと入ってからと
久しぶりに過度に働きました。

私は集中すると
食べない飲まない運動しない寝ない
という状態を平気で続けてしまいます。

健康管理も疎かになるし
病院に行く時間すら惜しくなったりします。

昔はいつか抜け出せる日が来ると期待して働きましたが
それは続くだけで終わりがない魔の時なのです。

ちょうどいい状態をキープして
仕事を継続するのはなかなか難しい。
人間欲がありますし、それが大事な時もあります。

時々頑張って、息も抜いて、
マイペースでやって行こうと思います。












by made-sato | 2017-06-21 07:56 | 日誌/お知らせ

重版出来!

e0254894_21405915.jpg
明日、2017年6月17日(土)はぷりん屋営業日です。
梅雨に入り今日は突然の雷と雨。八王子は雹が降ったそうですね。

不安定なお天気ですが明日は晴れのようです。
玉川上水緑道は暑い日も過ごしやすいので
ぜひお越しください!

蛇足ですが、最初に出した「ほんとうにおいしい生地でつくるドーナツレシピ77」が今日8刷かかりました!ありがとうございます。末永く楽しんでいただけますように。

プリンの状況は時々twitterでお知らせします。
朝10:00から売り切りまで。
アカウント@sato_made

ぷりん屋までの車でのお越しは以下をご参考に。
↓ぷりん屋へ車でお越しの場合のご案内
http://madeleine.sweet.coocan.jp/jpudding.htm


by made-sato | 2017-06-16 21:43 | 日誌/お知らせ

身体を緩めてストレスを軽減させるのがスイーツ

e0254894_19250868.jpg
出勤前のパパに甘えるぷりんちゃん(上)
その後ママに見つかって気まずいぷりんちゃん(下)

寒かったり暑かったり、雨もハッキリしない梅雨ですね。
e0254894_19253750.jpg
今日は庭にクワガタが来ていました。
ハサミの部分が立派でした。
e0254894_19274550.jpg
仕事が早く終わったのでご近所さんのところにケーキとコーヒー持って行きました。闘病している黒ラブのTちゃんの様子を見せてもらうついででした。

アニマルセラピストの赤嶺さんが「飼い主さんが安らいでいると動物もホッとして安らぐ」と教えてくれて、昔私も実践していました。今回Tちゃんの様子を見ても本当だなと思いました。

お見舞いに散歩コースにあった笹など持って行きました。大型犬の介護は大変ですが頑張って欲しいです。

今週末のぷりん屋にはレモンケーキが並びます(忘れなければ)。教室だけで伝えて来た製法を本で公開します。

(チーズタルトじゃなくてすみません)

タイトルは、身体がストレスでカチカチの方にはしっかりと甘いケーキがオススメというつもりでつけました。

アニマルセラピスト、赤嶺さんのブログリンクしておきます。




by made-sato | 2017-06-15 19:24 | 日誌/お知らせ