ブログトップ | ログイン

マドレーヌの日誌~depuis1999~

madedairy.exblog.jp

2018年7月のお菓子教室告知(受付はじまりました)

※この記事は6月8日(金)pm20時までトップに表示されます。2018年7月のお菓子教室募集告知です(受付は8日金曜日20時からです)受付スタートしています
e0254894_14463079.jpg
A:7月11日(水)(再講習)あと2席モカバターカップケーキと米粉のクッキー10名前後5000円モカ尽くしのカップケーキに米粉を使用したクッキー(卵とバター使用)の組み合わせです。先月1回のみの初講習だったのでリクエスト講習です。

B:7月18日(水)(再講習)定員(調整不可)…newレモンシフォンとレモンカード10名前後5000円/酸味を割り増しした少しだけ新しいレモンシフォンをやります。レモンカードは簡単な一口デザートとしてもご紹介します。ぜひどうぞ。

C:7月25日(水)(再講習)あと3席…くるみとイチジクのバターケーキとお抹茶ゼリー10名前後5000円/本にも載せたくるみとイチジクのバターケーキを講習会で実際に作りますので試食を兼ねてぜひご参加ください。季節にぴったりのお抹茶ゼリーは抹茶パフェの具材としても好相性です。


受け付けは6月8日(金)pm20時からです。※受付スタートしています
メール(madeleine.to@jcom.home.ne.jp)かFAX(042-207-9711)でお願いします。

マドレーヌお菓子教室が初めての方は先に「お菓子教室案内」をご一読ください。

※受付開始は6月8日(金)夜20:00以降です。返信は間違いの無いように翌日以降いたします。
48時間を過ぎても返信が無い場合はお手数ですがお電話かtwitterの教室アカウント(@made_lesson)にメンション下さい。


【ご予約方法】

1:すでに登録済の方
ご予約の際はタイトルを「教室予約」として/講習日とメニュー/お名前/をメール
( madeleine.to@jcom.home.ne.jp )かFAX(0422079711)でお知らせください。
返信をお返しした時点でご予約は完了です。

2:新規登録希望の方
新規の方はタイトルを「新規登録希望」と書いてください。文面に/講習日とメニュー/お名前/ご住所(郵便番号も)/お電話番号/ご職業/お知らせください。後日案内ハガキを郵送します。初回のみ手数料500円かかり当日講習費と一緒に申し受けます。2回目以降は1の予約方法でご予約ください。

3:ビジター参加希望の方
ビジター参加の方はタイトルを「ビジター参加希望」と書いてください。文面に/講習日とメニュー/お名前/ご住所(郵便番号も)/お電話番号/ご職業/お知らせください(ハガキ等の連絡はありません)。講習費にプラス500円頂戴します(当日新規登録に変更も可能です)。ビジターの方はご予約の際毎回ご住所等お知らせいただきます。

※48時間以内に返信が無い場合はお手数ですがお電話ください。

※”初講習”は過去に一度もやっていないお菓子の講習会です。”再講習”は過去に何度かやっている講習会のことです。

※過去お菓子教室メニューの画像はこちらをご覧ください。ブログのカテゴリ、”教室で作ったお菓子”でも一部ご覧いただけます。


# by made-sato | 2018-06-04 14:47 | 教室日程info

2018年6月の教室メニュー告知(受付始まりました)

※この記事は5月8日(火)pm20時までトップに表示されます。2018年6月のお菓子教室募集告知です(受付は8日火曜日20時からです)現在受付中です
e0254894_20502441.jpg
A:6月6日(水)モカバターカップケーキと米粉のクッキー(バターと卵使用(初講習)定員(調整不可)4500円(10名以下5000円)モカ尽くしのカップケーキに米粉を使用したクッキー(卵とバター使用)の組み合わせです。

B:6月13日(水)ムースオマンダリン
とチュイールダンテル(再講習)あと3席…10名前後5000円/本にも載せましたミカンのムースケーキの素敵バージョンです。ダンテルは飾りにもなる薄焼きクッキーでデモンストレーションのみ。

C:6月20日(水)ミロワールフランボワとリスのお気に入り
(再講習)定員
10名前後5000円/材料に無理がなく、簡単に作れるのに本格的な木苺のムースケーキです。メレンゲのお菓子であるリスのお気に入りはデモンストレーションのみ。


受け付けは5月9日(水)pm20時からです。現在受付中です。
メール(madeleine.to@jcom.home.ne.jp)かFAX(042-207-9711)でお願いします。

マドレーヌお菓子教室が初めての方は先に「お菓子教室案内」をご一読ください。

※受付開始は5月8日(火)夜20:00以降です。返信は間違いの無いように翌日以降いたします。
48時間を過ぎても返信が無い場合はお手数ですがお電話かtwitterの教室アカウント(@made_lesson)にメンション下さい。


【ご予約方法】

1:すでに登録済の方
ご予約の際はタイトルを「教室予約」として/講習日とメニュー/お名前/をメール
( madeleine.to@jcom.home.ne.jp )かFAX(0422079711)でお知らせください。
返信をお返しした時点でご予約は完了です。

2:新規登録希望の方
新規の方はタイトルを「新規登録希望」と書いてください。文面に/講習日とメニュー/お名前/ご住所(郵便番号も)/お電話番号/ご職業/お知らせください。後日案内ハガキを郵送します。初回のみ手数料500円かかり当日講習費と一緒に申し受けます。2回目以降は1の予約方法でご予約ください。

3:ビジター参加希望の方
ビジター参加の方はタイトルを「ビジター参加希望」と書いてください。文面に/講習日とメニュー/お名前/ご住所(郵便番号も)/お電話番号/ご職業/お知らせください(ハガキ等の連絡はありません)。講習費にプラス500円頂戴します(当日新規登録に変更も可能です)。ビジターの方はご予約の際毎回ご住所等お知らせいただきます。

※48時間以内に返信が無い場合はお手数ですがお電話ください。

※”初講習”は過去に一度もやっていないお菓子の講習会です。”再講習”は過去に何度かやっている講習会のことです。

※過去お菓子教室メニューの画像はこちらをご覧ください。ブログのカテゴリ、”教室で作ったお菓子”でも一部ご覧いただけます。


# by made-sato | 2018-05-03 21:01 | 教室日程info

2018年4月の教室報告

e0254894_12511970.jpeg
4月は花粉症がスギからヒノキに変わり、ほんの少しラクでした。教室ではシュヴァツヴェルダーキルシュトルテを作りました。
e0254894_12513882.jpeg
これはさくらんぼで作るキルシュワッサーの名産地のお菓子で、クリームにお酒がたっぷり効いています。チェリーはダークチェリーを使ってもサワーチェリーを使ってもよく、お酒を控えると味の決め手が無いので、チョコクリームを合わせることもあるお菓子です。ちなみに、教室のこれはイチゴにするとまた超美味しく別のお菓子になります。
e0254894_12523048.jpeg
陸続きのヨーロッパでは美味しいものは伝わるのでフランスにもイギリスにもアメリカまでもこのお菓子に似たものはあります。ほぼ黒い森のケーキとか言われます。フォレノワール。シュヴァツヴェルダーが暗い森とかいう意味で、スポンジがココアなので、イメージがそうなんでしょうね。
e0254894_12530008.jpeg
一番下にミュルプタイクというクッキー生地が使われて、フンワリにサクッが加わって絶妙な美味しさを醸し出します。オーストリアやドイツのお菓子にはこの手法は多く、専門店でこれを略してない店は本場に近い店と思って良いです。
e0254894_12540348.jpeg
今回の生地と縦ロールにしたのは私の考えです。やっぱり美味しく無いと作り続けてもらえないので、伝統をそのまんまで伝えないこともあります。
e0254894_12545388.jpeg
イチゴの時はこうします。アンビベのシロップはクレームドフレーズか水シロップ。
e0254894_12551684.jpeg
木苺と杏のミックスジャムを塗ったミュルプタイクにロールして組み立てます。どうぞたくさん作ってくださいね😊
e0254894_13132233.jpeg
今回のメニュー再講習きっかけの仁奈ちゃんがフランスから遊びに来てくれました。こんなに小さくてまだお喋りも出来ないのにフランスで頑張るママを優しくサポートして守っています。大きくなるのはきっとあっという間だし、これから楽しみですね😊私も飛行機が怖くなければフランス行きたいけどあと2年は天冲殺なのでじっとする予定です。
e0254894_12560037.jpeg
夏に向けて、エアコン洗浄しました。
毎年やる必要はなく、冷房と除湿を付けた後は一度切ってから空気清浄を30分回せば大丈夫だそうです。シンプルなエアコンのほうがお得らしい。
e0254894_13003682.jpeg
そして教室ラストは今回はお子さん参加オーケーなレッスンやりました。結局大人のみ。お子さんは次々と病気でお休みでした。またいつか😊
e0254894_13005603.jpeg
うさぎサブレとスマイルショートブレッドとバナナブレッドです。バナナブレッドは森村桂さんの魔法の枯れた粉がある日個人的に理解できた話などしました。子供の頃は分からなかったことが、勉強して経験を積んである日ふとわかる。これが本当に楽しいです。グレーテルのかまどは時々見ますが、森村桂さんの時は私やらせて欲しいなと思ったり(もうやったかな?)、それくらいあの方の起こしたラフに作るお菓子ブーム夢があって楽しくて好きでした。

e0254894_13012941.jpeg
たくさんの笑顔笑顔😊いつも笑っていきましょう!
e0254894_13020642.jpeg
春も終わりが近くなり、暑い日も増えました。ぷーはぷりんボックリ(松ぼっくりのぼっくりはふぐりのことなんだそうです)丸見えでぐーぐー所構わず寝ています。

グラチアネイル さんが仔猫を保護して、最近それを見るのか楽しみでなりません。幸せに飼ってくれる人がお母さん猫含めて見つかりますように祈る日々。

花粉症もあるし気も上がるしで春は毎回大変ですが、過ぎるのは少し寂しいです。





# by made-sato | 2018-04-30 17:17 | 教室で作ったお菓子

2018年5月お菓子教室告知(受付中です)


※この記事は4月7日(土)pm20時までトップに表示されます。
2018年5月のお菓子教室募集告知です(受付は7日20時からです)※現在受付中です

e0254894_20174667.jpg
5月はすべてレモンパイ(初講習)です。
自分が大好きなレモンパイの味を形にしました。酸味はしっかりありますが、通常のレモンパイよりは甘さは控えめ(ちょうどよいと思っています)、クリームやメレンゲの口あたり、食感、パイとの相性も抜群です。工程多く思えますが、実はそんなに大変ではありません。作るタイミングやカットや保存までマルっとレクチャーいたします。

日程は以下の通りですのでご都合の合う日にお申し込みください。第2希望までお知らせいただけると助かります。
A:
5月16日(水)…4500円(10名以下5000円)定員(調整不可)
B:5月23日(水)…4500円(10名以下5000円)定員
C:5月30日(水)
4500円(10名以下5000円)定員

受け付けは4月7日(土)pm20時からです。
メール(madeleine.to@jcom.home.ne.jp)かFAX(042-207-9711)でお願いします。

マドレーヌお菓子教室が初めての方は先に「お菓子教室案内」をご一読ください。

※受付開始は4月7日(土)夜20:00以降です。返信は間違いの無いように翌日以降いたします。
48時間を過ぎても返信が無い場合はお手数ですがお電話かtwitterの教室アカウント(@made_lesson)にメンション下さい。


【ご予約方法】

1:すでに登録済の方
ご予約の際はタイトルを「教室予約」として/講習日とメニュー/お名前/をメール
( madeleine.to@jcom.home.ne.jp )かFAX(0422079711)でお知らせください。
返信をお返しした時点でご予約は完了です。

2:新規登録希望の方
新規の方はタイトルを「新規登録希望」と書いてください。文面に/講習日とメニュー/お名前/ご住所(郵便番号も)/お電話番号/ご職業/お知らせください。後日案内ハガキを郵送します。初回のみ手数料500円かかり当日講習費と一緒に申し受けます。2回目以降は1の予約方法でご予約ください。

3:ビジター参加希望の方
ビジター参加の方はタイトルを「ビジター参加希望」と書いてください。文面に/講習日とメニュー/お名前/ご住所(郵便番号も)/お電話番号/ご職業/お知らせください。講習費にプラス500円頂戴します(当日新規登録に変更も可能です)。ビジターの方はご予約の際毎回ご住所等お知らせいただきます。

■教室のご予約はメール( madeleine.to@jcom.home.ne.jp )
■もしくはFAX(0422079711)にてお受けします。
(FAXの場合は送信者のFAX番号ご記入お願いします)

※48時間以内に返信が無い場合はお手数ですがお電話ください。

※”初講習”は過去に一度もやっていないお菓子の講習会です。”再講習”は過去に何度かやっている講習会のことです。

※過去お菓子教室メニューの画像はこちらをご覧ください。ブログのカテゴリ、”教室で作ったお菓子”でも一部ご覧いただけます。


# by made-sato | 2018-04-07 20:00 | 教室日程info

2018年3月の教室報告


2018年3月の教室報告です。
まず、3月からテーブルクロスが変わりました!

e0254894_16001198.jpg
3月最初はシュースワン、スワンシューです。シーニュとも言います。あと、レモンムースとゼリーの組み合わせのレモンカップ。これは白鳥の湖のイメージです。
e0254894_16010815.jpg
下のムース部分はふわふわしすぎない適度な酸味とクリーミーさがあり、さわやかなゼリーと一緒に食べると最高です。ムース部分はレモンシフォンパイにも使えます。ゼリーだけでもムースだけでも美味しいんですよ。
e0254894_16002168.jpg
シュースワンは、基礎の基礎です。教室で定番のシューパリジェンヌは今流行のフランス菓子のシュークリームだとするとこれは昭和な洋菓子屋さんの少しシナッとした薄めのシュー皮のシュークリーム。
e0254894_16003381.jpg
今回、電気のコンベクションオーブン使うにあたり、シュー生地はコンベクションで焼くときにとあることをするとうまく焼けるため、それをお見せしたくて焼いたのですが、密集して量を焼くと生地はよくできていても上手く焼きあがらないということがわかりました。

翌日確認で焼きなおしてみたところ、上下熱オーブンは量焼けますが、コンベクション(うちは電気のです)は数を少なくしないとダメとわかりました。上のシュー皮は上下熱で、のびのび焼けています。

e0254894_16004382.jpg
この写真は電気のコンベクション。シュッとした感じに焼けます。これは熱風の強さやあたりが違うからです。生地の微調整も問題なく、焼く数の問題だったとは思います。でも美味しかったし可愛かったですね。フォロー用の皮を焼いておいてよかったです。
e0254894_16000630.jpg
続いてタルトフリュイ。生のフルーツに合うパートシュクレとクレームフランジパーヌで作ります。

e0254894_15595780.jpg
フルーツがまだ種類の少ない季節でしたが、いろいろ用意しました。試食も含め6台仕上げました。春らしくとてもかわいい仕上がりです。

e0254894_16005126.jpg
こんなタルトがデザートに出たらうれしいですね。 
e0254894_15594973.jpg
壮観でした。

e0254894_16042393.jpg
春になりましたがすごく寒い日とすごく暑い日が極端で体がしんどくなりますね。加えて今年の花粉症の症状は強く、自律神経系が乱れるそうです。

私も花粉症やらなにやら時期が重なって胃がギューッとなって食欲落ち、するすると少しスリムになりました。お粥しか食べられず、原因がわかるまでは心配でした。
e0254894_21144068.jpg
先日Mさんとジャイロキネシスに行ってきたところ、少しバランスを崩していた心と身体が整い、それから覚えている範囲で夜にジャイロの最初のマッサージをやっています。

昔は自営女子の皆で集まってジャイロキネシスとお夕飯の会やって楽しかったな~と思い出しました。

Mさんは腰痛も肩こりもジャイロキネシスで良くなったと実感しているので月2回通っています。私も何とか参加し続けたいです。皆様もどうぞご自愛ください。



















# by made-sato | 2018-03-22 21:39 | 教室で作ったお菓子