ブログトップ | ログイン

マドレーヌの日誌~depuis1999~

madedairy.exblog.jp

池袋演芸場 ミート・コサンジー

e0254894_23343790.jpg
週末、池袋演芸場でミート・コサンジー(小三治)してきました。ディズニーランドのミート・ミッキー並みの興奮です。



演目は"死神”でした。

これはSMAPに例えると”オリジナルスマイル”にあたるかと思います。「あっ、死神だ!」と思ったときは嬉しくて鳥肌が立ちました。本当に心地よかったです。

他にも大好きなさん喬さん、猫八さん、市馬さん、三三さん、漫才ではロケット団が面白かったです。さん喬さんは品があるし巧いしで志ん朝さんを思い出しちゃいます。

猫八さんに会えると幸せな気持ちになるし、市馬さんと三三さんは空気がよく、話を終えたあと立ち上がって下がるときの間、美しさがたまらない。熟成を楽しみにしたい噺家さんです。女性の噺家さんでは柳亭こみちさんがすごく耳に心地よかったです。
e0254894_8524647.jpg
寄席を後にして、都心に不慣れな私たちは迷いに迷ってやっと駅ビルの15階くらいにあったレストラン「つばめグリル」にたどり着き、夕食をいただきました。楽しい一日でした。

落語が心地よいと言えば、映画「しゃべれどもしゃべれども」の今昔亭小三文(伊藤四朗)さんの落語も心地よいです。談志さんは私はちょっと苦手です。方や俳優、方やプロの噺家なのに、感じるこの違いは単に個人の好みなんでしょうかね。伊藤四朗ってすごいなと思いました。

ちなみに、子どもの頃は小三治さんも苦手だったんですが今は一番好きです。何があったんだろうと思って読んだ本が「落語家論」でした。志ん朝さんの「世の中ついでにいきてたい」も、対談本ですが、志ん生など昔の名人が好きな人には面白いと思います。

寄席はなんだかいいですね。
by made-sato | 2012-01-23 09:16 | 日誌/お知らせ
<< 明日は教室です 小さな生チョコケーキ >>