ブログトップ | ログイン

マドレーヌの日誌~depuis1999~

madedairy.exblog.jp

ありがとうございました!&ゆるゆる富士講の話

e0254894_08193720.jpg
9月23日(土)は黄色い鳥器店さんで"本当においしい生地作り"の出版記念イベントをしました。
e0254894_08201124.jpg
来て下さった皆様ありがとうございました😊

いつものプリンと、本のお菓子の試食を一切れサービス。お買い上げ下さったお客様にはフィナンシェの応用編レモンしみしみフィナンシェ1個とそれのレシピカードをプレゼントしました。
e0254894_08202844.jpg
今回お茶はセルフサービスでしたが、本の中の器にちなみ、ごく初期の鹿児島睦さんの今や貴重なな湯呑みやお皿を使わせてもらうことができてシアワセでした。

旗日で運動会などイベントの多い日でしたが、おかげさまで用意した本とお菓子は無事完売😳ホッとしています。

たくさんお話しもできました。

古い生徒さんや懐かしい生徒さんまで顔を出して下さって、とてもとても嬉しかったです✨のちのち仕事で感謝を形にしてお返ししたいと思います。

来て下さった皆様本当にありがとうございました!
そして、黄色い鳥器店の皆様、ありがとうございました!

これからも頑張ります⤴︎⤴︎⤴︎
e0254894_08205606.jpg
そんな私の決意のタイミングに、前々から予定していた富士山の神社巡り(ゆるゆる富士講)をしてきました。

画像は北口本宮冨士浅間神社です。
(実は他にも回りましたが、そこは願いが本当に叶ったらご報告と言うことで)

以前、静岡の富士山本宮浅間大社に行きましたがあちらは陽でこちらは陰。ラグラスのマルシェで色んなものが観える占いのもんでんさんから「あんたたちはここに行くといい」と言われたメンバーで行きました。
e0254894_08063644.jpg
神変大菩薩(役の行者)縁なので厳しめと聞いていましたが、そうは思えませんでした。

駐車場のところから空気は違いましたが、画像の本殿、拝殿のところは特にとてもとても穏やかで優しくて大きくて悪いものがすっかり無くなるような心が洗われるような場所でした。御手水が富士山の湧き水で、ものすごく大きいです😳

浅間神社の前ここには諏訪神社があり、富士山が噴火したのでそれを鎮めるために浅間大神を祀ることになったそうです。その諏訪神社も境内にあり、御朱印は希望すればお諏訪様と2ついただけます。私の産土神社は立川の諏訪神社(の摂社の八幡様)なのでご縁があるから2ついただいてきました。
e0254894_08211738.jpg
すごい神様のところのお稲荷様はやっぱり穏やかで優しいなと思ったのがこちらです。お参りするとサワサワ〜っと優しい気配が感じられました。私だけじゃなくてお友達もそうだったからきっと誰でもわかると思います。
e0254894_08213358.jpg
ここが、北口本宮冨士浅間神社のもともとあった大塚丘。富士山の登山道入口の祖霊社の脇から道路に出て左に行き5分ぐらい歩くと出てきます。

祖霊社はもと人だった方を祀っているので、後から調べらた役の行者のお告げで富士講のきっかけを作った角行さんが祀られているそうです。だから登山道の入り口にあるんですね。

大塚丘は静かで確かに陰という感じでした。ここにいる間は曇っていて、また本殿のほうに戻ったら雲がすっかり切れて快晴になり日がさしました。静かでひっそりしたところにはそれなりに理由があるんだろうなと思います。1人なら絶対行けなかったと思います。
e0254894_08220008.jpg
富士山は大き過ぎて高速では見えましたが近くに行くほどあまり見えませんでした🗻

帰りに麺許皆伝という店で吉田うどんをたべました。すごいコシで美味しかったです!麺が終わったら閉店のところ、ギリギリ間に合って、ここまでパーフェクトで喜びマックスでした。

混まないうちに高速で帰りました。

神社があるところは土地の波動がそもそも高いそうです。行くとスッキリするとか、浄化されるという感じがある場所のことです。

この、何かある!と感じるような感覚はある人にはあって、無い人にはまるで無いんだそうですが、昔の日本人はこの感覚が鋭かったから、日本は神社だらけなんだとか。

北口本宮冨士浅間神社はこの辺りにお住いの方が羨ましいと思うほどの神社でした。

楽しくて幸せな出来事2つをブログに残して時々読み返して気持ちを清らかに保とうと思います。
















by made-sato | 2017-09-26 20:00 | マド散歩(神社)
<< おめでたい事色々 女子力アップと開運の旅 >>