ブログトップ | ログイン

マドレーヌの日誌~depuis1999~

madedairy.exblog.jp

2018年5月と6月の教室報告

※2018年7月のお菓子教室募集しています。こちらご確認ください。
e0254894_15111485.jpg
遅くなりましたが、5月と6月の教室報告です。
5月はすべての講習会でレモンパイを作りました。
e0254894_15112581.jpg
一番最後のクラスで、パイストーンの敷き込みをレクチャーし忘れてしまいインスタグラムにアップしておきましたがブログにも載せます。インスタグラムは@sato_madeというアカウントです。無料のインスタグラムアプリをダウンロードすればどなたでもご覧いただけます。
e0254894_15113737.jpg
教室ではお話ししましたが、レモンパイは浅草の名店レモンパイ洋菓子店が好きで、ですが合羽橋道具街に出かけるときは朝が早いのでめったに食べることができないのでした。レモンパイにはたくさん作り方があります。アメリカンパイ方式だと水分を多く使いとても甘い。ヨーロッパの方ではサブレ生地を使ったり、上のクリームが生クリームになったり薄めのイタリアンメレンゲになったりします。自分の好みというところから味を導き出すと、私の場合はパイという意味からも、日本の洋菓子店のレモンパイが一番好きです。皆様はいかがですか?

e0254894_15115165.jpg
6月の最初はモカバタークリームのカップケーキと米粉のクッキーでした。このケーキは生クリームで作るためしっとりしていてくどさがありません。生クリームはバターができるので、バターを使っていないとは言えないと思いますが、バターになる一歩手前のホイップを用いることで、独特の生地感を作ることができます。マドレーヌっぽいお菓子でも、この製法で作ることがあるんですよ。そこにコーヒーシロップと塩味のモカバタークリームでモカ尽くし。最高においしいイギリスのティータイムのお菓子です。米粉のクッキーはあくまで薄力粉の代わりに米粉を使いました。サブレ感があり、少しボーロに似た感じになります。流行のグルテンフリーですね。
e0254894_15120576.jpg
これはムースオマンデリンとチュイールダンテルです。本にも載せたみかん缶を使うムースケーキ。35%~36%の生クリームを使わないとまるで味が違うものになるという、簡単ではありますがそんなデリケートさもあるお菓子です。すっごく美味しいので、本に載っていますからぜひ作ってみてください。
e0254894_15122121.jpg
教室ではスクエアとプチガトーに仕上げるレクチャーをしました。ダンテルは上に乗ったクッキー状のものです。これも美味しいしかっこいいんですよ。
e0254894_15123445.jpg
ミロワールフランボワはスーパーで手に入る冷凍の木苺を使うので簡単に作れます。周囲の生地の模様作りなど合わせてのレクチャーです。あとメレンゲのお菓子リスのお気に入りもやりました。
e0254894_15124716.jpg
ミロワールは鏡の意味で、上にツヤっと赤いジュレが乗ります。お持ち帰りはムースフィルムですが、セルクルも使いました。楽しかったですね。リスも美味しかったですね。

どうぞたくさん作ってください。なかなかブログ更新しなくて反省しています。
e0254894_15150281.jpg
さて、様々なご縁、偶然とは思えないたくさんの出来事があり、ぷりんちゃんの弟として新たに猫を迎えることになりました。

10日からトライアルして、ぷーと打ち解けて仲良くなれそうな気配になりましたので26日の大安吉日に正式にお迎えします。佐藤まふぃんです。

ハンスフィッシャーの”こねこのぴっち”という大好きな絵本に出てきそうな白黒猫です。性格はぷーと正反対のようで、だからなのかとても相性が良いように感じています。皆様どうぞよろしくお願いします。








by made-sato | 2018-06-25 15:43 | 教室で作ったお菓子
<< 小さなケーキ屋さんを始めたい人... 2018年7月のお菓子教室告知... >>