ブログトップ | ログイン

マドレーヌの日誌~depuis1999~

madedairy.exblog.jp

<   2018年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2018年3月の教室報告


2018年3月の教室報告です。
まず、3月からテーブルクロスが変わりました!

e0254894_16001198.jpg
3月最初はシュースワン、スワンシューです。シーニュとも言います。あと、レモンムースとゼリーの組み合わせのレモンカップ。これは白鳥の湖のイメージです。
e0254894_16010815.jpg
下のムース部分はふわふわしすぎない適度な酸味とクリーミーさがあり、さわやかなゼリーと一緒に食べると最高です。ムース部分はレモンシフォンパイにも使えます。ゼリーだけでもムースだけでも美味しいんですよ。
e0254894_16002168.jpg
シュースワンは、基礎の基礎です。教室で定番のシューパリジェンヌは今流行のフランス菓子のシュークリームだとするとこれは昭和な洋菓子屋さんの少しシナッとした薄めのシュー皮のシュークリーム。
e0254894_16003381.jpg
今回、電気のコンベクションオーブン使うにあたり、シュー生地はコンベクションで焼くときにとあることをするとうまく焼けるため、それをお見せしたくて焼いたのですが、密集して量を焼くと生地はよくできていても上手く焼きあがらないということがわかりました。

翌日確認で焼きなおしてみたところ、上下熱オーブンは量焼けますが、コンベクション(うちは電気のです)は数を少なくしないとダメとわかりました。上のシュー皮は上下熱で、のびのび焼けています。

e0254894_16004382.jpg
この写真は電気のコンベクション。シュッとした感じに焼けます。これは熱風の強さやあたりが違うからです。生地の微調整も問題なく、焼く数の問題だったとは思います。でも美味しかったし可愛かったですね。フォロー用の皮を焼いておいてよかったです。
e0254894_16000630.jpg
続いてタルトフリュイ。生のフルーツに合うパートシュクレとクレームフランジパーヌで作ります。

e0254894_15595780.jpg
フルーツがまだ種類の少ない季節でしたが、いろいろ用意しました。試食も含め6台仕上げました。春らしくとてもかわいい仕上がりです。

e0254894_16005126.jpg
こんなタルトがデザートに出たらうれしいですね。 
e0254894_15594973.jpg
壮観でした。

e0254894_16042393.jpg
春になりましたがすごく寒い日とすごく暑い日が極端で体がしんどくなりますね。加えて今年の花粉症の症状は強く、自律神経系が乱れるそうです。

私も花粉症やらなにやら時期が重なって胃がギューッとなって食欲落ち、するすると少しスリムになりました。お粥しか食べられず、原因がわかるまでは心配でした。
e0254894_21144068.jpg
先日Mさんとジャイロキネシスに行ってきたところ、少しバランスを崩していた心と身体が整い、それから覚えている範囲で夜にジャイロの最初のマッサージをやっています。

昔は自営女子の皆で集まってジャイロキネシスとお夕飯の会やって楽しかったな~と思い出しました。

Mさんは腰痛も肩こりもジャイロキネシスで良くなったと実感しているので月2回通っています。私も何とか参加し続けたいです。皆様もどうぞご自愛ください。



















by made-sato | 2018-03-22 21:39 | 教室で作ったお菓子

2018年4月のお菓子教室告知(受付始まりました)

※この記事は3月7日(水)pm20時までトップに表示されます。
2018年4月のお菓子教室募集告知です(受付は7日20時からです) 受付始まりました
e0254894_19564759.jpg
A:4月11日(水)シュヴァルツヴェルダーキルシュトルテ(再講習)…4500円(10名以下5000円)定員
B:4月18日(水)シュヴァルツヴェルダーキルシュトルテ(再講習)…4500円(10名以下5000円)あと3席
一番下にミュルプタイクというクッキー生地を敷いているシュヴァルツヴェルダーキルシュトルテです。スポンジ生地がはっきりとした味で、チェリーで作りますがこれを苺に変えるとまたひときわおいしいケーキ。
C:4月25日(水)うさぎサブレとスマイルショートブレッド、バナナブレッド(再講習)あと1席…少人数レッスン8~10名まで。5000円。このレッスンは人数を少なめに設定しますので事前にお知らせいただければごく小さいお子様連れでのご参加が可能です(今回初めてこのようなレッスンを試みました。アシスタントさんたちは子育て経験者ですのでサポートできると思います)。先月の再講習です。発酵バターと普通のバターの区別がわかるクッキーのカリキュラムと、本に載せたバナナケーキとはまた違うけれど美味しいバナナブレッドをレクチャーします。

受け付けは3月7日(水)pm20時からです。受付始まりました。
メール(madeleine.to@jcom.home.ne.jp)かFAX(042-207-9711)でお願いします。

マドレーヌお菓子教室が初めての方は先に「お菓子教室案内」をご一読ください。

※受付開始は3月7日(水)夜20:00以降です。返信は間違いの無いように翌日以降いたします。
48時間を過ぎても返信が無い場合はお手数ですがお電話かtwitterの教室アカウント(@made_lesson)にメンション下さい。


【ご予約方法】

1:すでに登録済の方
ご予約の際はタイトルを「教室予約」として/講習日とメニュー/お名前/をメール
( madeleine.to@jcom.home.ne.jp )かFAX(0422079711)でお知らせください。
返信をお返しした時点でご予約は完了です。

2:新規登録希望の方
新規の方はタイトルを「新規登録希望」と書いてください。文面に/講習日とメニュー/お名前/ご住所(郵便番号も)/お電話番号/ご職業/お知らせください。後日案内ハガキを郵送します。初回のみ手数料500円かかり当日講習費と一緒に申し受けます。2回目以降は1の予約方法でご予約ください。

3:ビジター参加希望の方
ビジター参加の方はタイトルを「ビジター参加希望」と書いてください。文面に/講習日とメニュー/お名前/ご住所(郵便番号も)/お電話番号/ご職業/お知らせください。講習費にプラス500円頂戴します(当日新規登録に変更も可能です)。ビジターの方はご予約の際毎回ご住所等お知らせいただきます。

※48時間以内に返信が無い場合はお手数ですがお電話ください。

※”初講習”は過去に一度もやっていないお菓子の講習会です。”再講習”は過去に何度かやっている講習会のことです。

※過去お菓子教室メニューの画像はこちらをご覧ください。ブログのカテゴリ、”教室で作ったお菓子”でも一部ご覧いただけます。


by made-sato | 2018-03-07 20:00 | 教室日程info

2月のお菓子教室報告

2月は駆け足で去りましたね。
教室の報告です。
e0254894_08091267.jpeg
フールセックその3をやりました。
リーンなクッキーを中心に4種。
チョコ以外は色は似ていますが全然違う味。中でもかむかむ(噛む噛む)クッキーという米油のクッキーが「お酒のつまみになる」と好評でした。
e0254894_08092685.jpeg
お土産。皆さんタッパーにキレイに並べてセンスがいいです💕
e0254894_08094788.jpeg
次はバナナブレッドとうさぎサブレとスマイルショートブレッドです。

バナナブレッドは私が子どもの頃から焼き続けているお菓子で、でも完全に垢抜けたのは独立してからです。
e0254894_08113436.jpeg
4月のCクラスのイメージがあり、一足先に教室でこの講習会をやってみました。
e0254894_08104570.jpeg
本に載せたバナナケーキはチョコと合わせる味でまた完成形ですが、こっちのバナナブレッドはクリームやアイスにも合う素朴で家庭的な味です。
e0254894_08300844.jpeg
うさぎサブレとスマイルショートブレッドは発酵バターと普通のバターの違いの勉強になるカリキュラムです。

どうぞたくさん作って下さい!
e0254894_08150332.jpeg
2月は短い中色んなことがありました。
朝20分だけ散歩するのですが、その時に犬を保護しました。交番に届けるとその後飼い主が見つからない時に嫌なので自分で預かると話したら小平警察だけ書類をお巡りさんが届けてくれました。この方柴犬を飼っているそうで、犬も安心していました。
e0254894_08155865.jpeg
途中、飼い主らしき人から連絡があり、無事再会。名前は小太郎くん6歳でした。庭で放し飼いにしていて車庫がたまたま開いていて出て行ったそうです。鑑札も犬が嫌がるから付けていなかったそうで、泣きながらご夫婦で探していたとのこと。

小太郎くんは賢くてうちに来てもまるでくつろがず、座らず、ただぷーのペレットは3杯もおかわりしました。

柴犬の飼い主さんたちの伝言ゲームでいつのまにか飼い主さんに「どうやら保護されているらしいよ」と連絡が行き警察に連絡したそうです。

本当によかったと思ったのと、会う人みんな神様のような優しい心の人たちで、困りつつ保護した私をサポートして下さいました。ありがとうございました。

それから、長くアシスタントを務めてくれていた内田さんが地方の双方の親御さんの介護でしばらく休む事になりました。50代は介護の年代というのだそうで、私も人ごとではありません。介護疲れになったり共倒れにならないように声かけあって行きたいなと思います。

e0254894_09025247.jpeg
大丈夫、大丈夫。
のんびり、のんびり。






by made-sato | 2018-03-05 08:07 | 教室で作ったお菓子